草刈りを怠ると起こるトラブルや除草方法について知ろう。

草刈りをしないままにすることで発生する問題

駐車場を管理している場合、利用者が快適に使用できるよう雑草の処理を行なうのも大切な仕事です。しかし、草刈りをせずに周囲に生えている雑草を放置してしまう管理者もいます。ここで、草刈りをしなかった場合の弊害について確認していきましょう。

草刈りに最適なタイミング

雑草による弊害を抑えるためには草刈りを行なうことが重要ですが、最適なタイミングで草刈り作業をすることでより綺麗に仕上げることができます。ベストなタイミングとしては「雑草が伸びきってしまう前に刈る」ことです。雑草は伸びきってしまうと太く硬くなってしまうため、作業をスムーズに行なうのが困難になります。短すぎてもうまく刈り取ることができないので、適度に伸びてきた頃に草刈りをするのが良いでしょう。 "

コンクリートの草刈り

駐車場に生えている雑草は定期的に除去していく必要がありますが、一般家庭の土と駐車場に使用されている土は異なることから草刈り作業に手間がかかってしまう場合があります。駐車場では、車の出入りを想定して固い土を使用しているので、簡単に引き抜くことができません。コンクリート部分を傷めずに安全に草刈りをするためには業者に確認してもらいましょう。

草刈り機による事故

駐車場で行なう草刈りは人の手では限界があるため、草刈り機の使用を考える管理者も多いでしょう。しかし、コンクリート面の草刈りは難しく、事故が起こる可能性もあります。

草刈り機での作業中に、石が目に飛んできて怪我をしてしまいました。(N.Mさん/53歳/男性)

草刈り機を使って作業をしていた時に、草刈り機の刃にあたった石が目に飛んできました。一瞬にして目に激痛が走ったのでかなり驚きました。石が飛んでくるのは予期せぬトラブルだったため、注意が必要だと感じました。

TOPボタン