作業する場所に合わせて草刈り道具を選びましょう。

駐車場管理で大切な事

管理者の心構え

草を刈る人

綺麗で使用しやすい土地を維持するためには雑草対策をすることが重要です。雑草は放置するとどんどん伸びていき、草刈り作業を怠ると見栄えも悪くなります。草が伸び放題になってしまうと、虫が発生したり、放火や不法投棄などが起こってしまったりする可能性もあります。トラブルを回避するためにも定期的に草刈りを行ないましょう。

使用する道具に気を遣う

ナイロンカッター
切れなさそうなイメージを持たれがちなナイロンカッターですが、柔らかい草だと金属刃よりも良く切れます。刃物で切るのではなく、遠心力を利用して草を叩き切るナイロンカッターは、石が多い場所や地面すれすれの雑草を抜きたい場合には役に立ちます。コンクリート面が多い駐車場ではナイロンカッターが活躍するでしょう。
バリカンやトリマー
特に部分的なところを草刈りするときに役に立つのがバリカンやトリマーです。ピンポイントで除草したい場合や、草刈り機が使えない狭いスペースでもスムーズに使用することができます。傷付けたくない庭木がある環境には最適のアイテムになります。手軽に使えて、自分でコントロールすることができるため、幅広い人が利用しやすいものでもあります。

草刈りは業者に任せることでより安全で的確に雑草を除去することができますが、管理者自身で土地のお手入れをする場合には、道具の性能や使いやすさをしっかりと把握し、慎重に道具を選ぶことが大切です。

自分で草刈りをするときに気を付けたい事

業者に任せるのではなく、自分で草刈りをする際にはいくつか注意すべきことがあります。草刈り機を使う場合、騒音トラブルが発生することがあるため、時間帯や周囲を気にしながら作業をする必要があります。草刈り機は騒音だけではなく飛び石の危険もあることから、慎重に作業を行なうことが重要です。機械が小石を巻き込んでしまわないようダンボールであらかじめ保護しておいたり、飛び石適用の保険に加入しておいたりすることで怪我や事故を防ぐことができます。

TOPボタン